しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

成長に合わせて部屋の模様替え

最近部屋の散らかり方が半端ないです。

原因は本です。

本棚が遠い為、片づけないという悪循環がおきていました。

f:id:syufumaruko:20150224034633j:plain

 

 

最近でこそ、模様替えをしなくなってきましたが、家を建てて引っ越してきたばかりの頃は毎日のように模様替えをしていました。

やっと最近落ち着いて、半年以上変えていなかったのですが子供の成長を感じ模様替えを決断しました。

 

見える所に置かなければ本は読まない

思えば長男が小さな頃は、ちゃあんとリビングの一番目立つ場所に本棚が置いてありました。

本の数も子供が一人の時はそんなに沢山ないので、ほどよい量がリビングの3段カラーボックスの中に納まっておりました。

わざわざ「本を読もう」と言わなくてもいつも見える所にあるので、読書が自然に身についたように思います。

 

実は私、お友達の家に遊びに行った時本棚の位置をみてしまいます。

リビングに置いてあるお友達にはかなり親近感がわきます。

反対に、すごくいい本が沢山あるのに変に隠してあったお友達の家に行った時はとても残念な気持ちになりました。

部屋はスッキリ片付いているのに、勿体ないと思いました。

本を持っていないならともかく、すごく沢山あるのに子供の目が届く所にないのです。

 

 

子供が3人になり、本の量が増えた

 

我が家には小3、小1、年少の子供がいます。

それなりに歳が離れているので、なかなか読まなくなった本を片づけるという事ができず、本の量が増え続けています。

そして、子供の机などもリビングの隣の和室に置いたり、書類を片づけるキャビネットなども必要となってきたために本棚の場所がどんどんなくなってきてしまいました。

それでも、リビングの真ん中とまではいかないまでもリビングから見える和室に本棚をおいていました。

 

しかし、やはりベストポジションではないため、次男はあまり本を読んでいませんでした。

それでも兄や姉がよく読んでいるので、本に親しみはあります。

兄妹でよくお絵かき大会をやるのですが、図鑑を持ち出して写し絵などをしたりしています。

 

 

4歳の次男が字を覚えだしたので模様替えを決意

 

最近年少の次男が字を書きたくて仕方がないようです。

本も、少しは自分で読めるようになってきたので「この時期を見逃してはならない」と、本棚の移動を決意!!

何とかソファーを自力で動かし、リビングのベストポジションに本棚を置くことに成功しました。

次男の目の高さには次男の本を、高い所には小1と小3の兄と姉の本を置きました。

片づけやすい位置でもあります。

これでやっと、眠っていた本たちを蘇らせることができます。

だって、小1の長女は女子だから読まなかったけれど、長男が小さな頃に買った男の子向けのよい本が沢山あるのです。

あれを読んでいたお蔭で、長男は理科や社会が大好きになりました。

何も勉強しなくても100点です。(理科はね)

 

 

しかし、久しぶりの模様替え、気分がスッキリとしました。

沢山本を読んでくれるといいのですがね~(*´▽`*)