しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

子供の英語教育について

f:id:syufumaruko:20150301062435j:plain

 

最近子供の英語教育について、真剣に考えなくてはと思い始めました。

ニュースでも連日外国人の入国者数が伸びてきていると言っていますよね。

円安が関係しているようですが、5年後には東京オリンピックも開催されます。

日本食も大人気ですし、日本人は親切でサービスが良いですから一度日本に来た外国人は日本が大好きになってくれるのではないかと思います。(個人的意見ですが)

 

ドルが使えるお店がある?

 

去年、保険屋さんと保険の話をする上で将来の日本がどうなるのかについて色々と話を聞かせて頂きました。

保険屋さんが言っている事が全てだとは思っていませんが、おおよそ私が考えている事と同じだったので納得しました。

 

これからの日本は人口が激減するため、働き手が足りなくなる。

外国人労働者をどんどん雇用するようになる。

 

そして、円の価値がどんどん落ちるのでドルを持っていたほうが良いですよ、という事でした。

びっくりしたのは、私が住んている地方でも駅前の電気屋さんなどではドルがそのまま使えるという話です。

世間知らずですいません、でも知らなかったのでビックリしました。

 

外国へ行かなくても英語が必要になるかも?

 

昔は英語が話せなくても外国に行かなければそんなに困ることはなかったですよね。

でもこれからは、外国に行かなくても身近に外国人が増えてくる世の中になる気がします。

外資系の仕事じゃなくてもどんどん外国人と接する機会が増えそうです。

日常会話くらいは当たり前に話せるようにしておきたいと思いました。

こんな地方でも外国人の方と一緒に仕事をする日が来るかもしれません。

 

2020年に向けて小学校での英語教育が大きく変わる

 

小学校の英語は今までは「教科外」で5年生から学習していたのですが、それが3年生から学習することになり、5年生からは「正式教科」となり成績評価の対象になるそうです。

高学年(5.6年生)では、読むことや書くことを含めた初歩的な英語の運用能力を養うための「教科型英語」を週3コマ程度、高い英語力を持った学級担任が単独で指導するなどとされています。

これからの子供達は本当に忙しくなります。

我が子も英語教育について行けるのか本当に心配です。

 

早期英語教育を取り入れていたママ

今思うと、ママ友のなかで早期英語教育を取り入れていたママは結構います。

凄く高いお金を払っていましたが、今考えると良い選択だったなぁと思います。

そのママ達のお子さんは1歳くらいにはもう英語に親しませ、小学校低学年になる今では聞き取りは十分にできるそうです。

早期英語教育で大変なのはとにかく続けること。

途中でやめてしまっては意味がないのです。

そう考えると学校以外にとても高いお金を払わなくてはいけなくなりますよね。

何とか家庭で出来る事はやりたいですが、親が話せるわけではないのでなかなか難しい所です。

 

今からでも遅くない!自分も一緒に英語の勉強を始めよう

ということで、我が家では朝の食事の時間は英語のCDを流すことにしました。

そこで覚えた言葉は頑張って子供との会話に取り入れてみます。

すこしでも英語に親しみを持ってもらうためです。

家庭で取り組んだ事は絶対に外で役に立つことと信じています。

親がやってやれる事はがんばっていきたいと思います。