しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

パート代が激減。何だかんだ言っても食費代でやりくりするしかない!

 

f:id:syufumaruko:20170621085059j:plain

昨日、パート先に行って来月の新しいシフト表を貰ってきました。

月に何回シフトが入っていたかというと・・・

8回です!

週に2回です!

面接時に、週4.5回希望と言いました。

社員の方に「繁忙期と閑散期があるので、毎月同じ金額という訳には行きませんが年間を通して扶養内におさまるようにと思っています」と言われました。

3月、4月は繁忙期でしたので週に5日勤務でした。

それでも4時間しか働いていないので月に8万位。

それが週2日になったら・・・

3万弱!

おぉ~い、これ、差がありすぎでしょ!

こんなに少ないんじゃやっていけない!転職だ!

と思ったりもしましたが・・・

私は思いました。

今こそ食費を改善する良い機会だと!

 

パート代が減っても食費を改善して家計を維持しよう

 

節約するには固定費から!

なんてよく言われますが、その部分はもうとっくに改善しております。

携帯は格安スマホだし、住宅ローンも金利が安い銀行に先月借り換えました。

保険も2年前にファイナンシャルプランナーさんと相談して夫婦共に納得いく保険に入り直しました。

子供の教育費も、塾の英語をやめてNHKの基礎英語を聞き始めたり改善できるところは改善しました。

でも・・・

ただ一つ、改善できていないのがあるんです。

 

それが食費代のやりくりです。

 

マネーフォワードで家計簿をつけているので、食費の内訳はよぉく分かっています。

我が家の食費は家族5人で平均7万円。(外食費込み)

私の理想は6万円なので毎月1万円のオーバーです。

夏休みや冬休みはさらに2万円くらいプラスになります。

この、1~2万円ってまさにパート代が減った金額。

パートのシフトが減った分、時間ができるのでしっかり手作りができるし、安売りの日に買い物に行く事もできます。

 

キーワードは手作り

  

外食は多くても月に2回くらいの我が家。

それなのにどうして食費が減らないのか。

それはたまに買ってしまうお惣菜や私一人の時のランチ代に改善の余地がありそうです。

主婦の一人の時間のランチタイム。

ゆっくりと食べれる唯一の時間。

これって、すごく大切ですよね。

「私はこの時間のためにがんばっている!」と言ってもいい程、この時間は私にとって大切な時間です。

その為、ついつい買い物に行った時に「一人分だから安い」と思ってしまい一人分の惣菜を買ってしまうのです。

5人分の惣菜を買うよりははるかに安いですが、これも塵も積もればってヤツですよね。

300円の惣菜を月の半分として15日買ったならば4500円にもなります。

パートに行く時間が減って、時間が出来たなら昼間に惣菜(常備菜)を作る事ができますよね。

すると、夜の料理も楽になるし、お昼も惣菜を買わなくて良くなるという訳です。

 

嗜好品の買いすぎをやめる

  

食費の多い人の特長といえばきっとこれですよね。

私も当てはまってます。

コーヒー代、お菓子代はもちろん、健康食品(ナッツやプルーンなど高めのもの)を買う事があります。

これがある程度我慢できれば後5000円は食費を節約できるはず!

しかし、これもなかなかどうして我慢ができないんですよ。

そんな時、手作りのオヤツを作ってみました。

簡単なパウンドケーキです。

 

f:id:syufumaruko:20170621093603j:plain

Cpicon 簡単!ホットケーキミックスでバナナケーキ by ゆにひろ

 

すると、ケーキなので結構な満足感💛

子供のオヤツに、自分のランチタイムの後のデザートに調度いいです。

スーパーに買い出しに行った時に、自分へのご褒美を買わずに済みそうです。

 

食費代をやりくりするにはやっぱり手作りが一番

  

手作りが一番って、当たり前なんですけどね。

ここで私が思う事は、「家族の為」と思わない手作りはどうかなと思うのです。

節約のため、家族が喜ぶからと思うから面倒になるし、続かない。

そうではなくて、

「自分が食べたい物を自分の為に作る」

という考え方です。

 

それを多めに作って、家族の食卓にも出すんです。

 

こんな事を勧めたら、家族の為にがんばって料理をしているママさん達に怒られそうですが、私はこちらの方がモチベーションが上がりそうです。

 

仕事が少ない今だからできる事!

それは食費のやりくりを楽しんでやる事!

一ケ月後、食費が6万円を達成できたかどうか報告したいと思います。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。