しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

ニチベイ布製ブラインドのストッパーを手に入れて自分で修理しました。

f:id:syufumaruko:20170719154540j:plain

先週の日曜日、我が家のニチベイ布製ブラインド(もなみ)が壊れました。

壊れたのは実に3回目。

壊れた部分はツインカーテンを上げたり下げたりするストッパーという部分です。

厚手のカーテンが上でストップしていてくれないので、常に部屋は厚手のカーテンを閉めている状態です。

 

f:id:syufumaruko:20170719155114j:plain

 

我が家のカーテンは上が厚いカーテンで下が薄いカーテンなので日中は常に上に厚いカーテンが止め置かれている状態なのです。

厚いカーテンは重いのでそのストッパーが4年に一度くらいは壊れてしまうのです。

 

壊れたといってもカーテン自体は何ともないので買い替えるのはもったいないですよね。

何とか修理できないものかとニチベイに電話してみました。

 

ニチベイの見積もりは

 

ニチベイに電話すると、見積もりは無料でしてくれるという事でした。

見積り金額は

7,000円くらいだったと思います。(半年前の話なのですいません)

7,000円かぁ・・・

ストッパー交換修理で7,000円は正直高いと思いました。

その時は2か所の布製ブラインド(もなみ)が壊れていたので14,000円にもなってしまいます。

そこで、メーカーさんに壊れたストッパーだけを売ってくれないかと交渉してみました。

ですが答えはNo!

交換も大変なので、自分でやらないほうがよいと言われました。

う~ん、何とも悔しい話です。

我が家のカーテンはこの布製ブラインドが多いので壊れる度に7,000円の修理代を払うなんて絶対に嫌だと思いました。

何とか部品を売ってくれるところはないものか、探してみる事にしました。

 

近くのホームセンターがニチベイさんと取引があることがわかった!

 

色々と調べてみると、近くのホームセンターがニチベイさんと取引がある事がわかりました。

早速行って、交渉してみると店員さんがニチベイに電話をかけ、「メーカーさんが部品の事も含めて見積りをとる」とおっしゃってますが・・・と言われました。

が、すでに我が家にメーカーさんは来てもらっている・・・

という事で、そのこと(すでに見積りをとったこと)も全てお店の方に話してストッパーだけが欲しいので何とかならないかと正直に話をしてみました。

 

ホームセンターの営業の方のおかげで部品だけ購入する事ができた!

 

ストッパーをニチベイから直接買う事はできませんでしたが、取引先のホームセンターの営業の方のおかげでストッパーを入手することができました。

おそらく、交換の作業が大変なので直接売ることはしたくないのかもしれません。

しかし、一つ800円程でストッパーを手に入れる事ができました。

また壊れた時の為にと全部で6個買いました。

本当にありがたかったです。

ホームセンターの皆さん、ありがとうございました。

 

実際やってみて、ストッパーの交換はちょっと大変💦

 

半年前に初めて布製ブラインド「もなみ」が壊れて旦那が何とかストッパーの交換に成功しました。

言われた通り、やはりメカを分解せねばならず、ちょっと大変だったそうです。

でも色々とマニュアルもありますし、ちゃんとやれば修理できるそうです。

www.nichi-bei.co.jp

こちらの操作コードの交換方法をクリックすると、図面でわかりやすく教えてくれますよ。

 

ちなみに購入したストッパーはこちら

f:id:syufumaruko:20170719162935j:plain

 

上が新しい部品。

下が古い部品です。

 

f:id:syufumaruko:20170719163051j:plain

 

やり方を見て、何とか部品交換に成功しました。

今回は2回目なので前よりもさらに早く交換出来ました。

しかし・・・

 

ここまではそんなに大変ではなかったのですが、最後のフタを閉めるのが一番大変でした。

フタを閉める前にメカ部分を無理やり広げてはめ込む部品があるので、それが大変で💦

一つハマると一つが外れるといった具合で苦戦しました。

 

二人でやった方が楽かも知れません。

 

でも何とか無事に修理完了しました。

自分で修理すれば、6,200円もお得という事になりますね。

世の中って、自分で色々と調べればお金をかけないで出来る事って沢山あるんだと思いました。

でも、消費者が言わないとそれってなかなか教えてもらえないんですよ。

賢い消費者になるべく、私たちも色々と勉強するべきなんだなぁと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。