しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

洋服の断捨離、ちょっと待って!

f:id:syufumaruko:20170917093329j:plain

こんにちは、しゅふまるこです。

今日は子供の演奏会があるので朝からバタバタしています。

夜はママ達の集まりもあるので洋服選びをしていました。

昨日、ブログに書いたようにカジュアルな服しかないので本当に困ってしまいます。

でも、何とか昔の服を引っ張り出してコーディネートしてみました。

 

シンプルイズベスト

 

写真のシャツとカーディガンは10年以上前に百貨店で購入したものです。

シャツは1万円くらい。

カーディガンは2万円くらいしたと思います。

 

ストライプのシャツも黒いカーディガンももうつ1着ずつ持っています。

でも、安物で素材があまりよろしくないので数年着るとヨレ感が出てしまっています。

それに比べて写真のシャツとカーディガンは素材が良いせいか、10年以上たってもしっかり感が出ます。

パールのネックレスは義母の形見なのですが、長さが調度良いので気に入っています。

 

どれもシンプルで定番なので、ここぞという時に着用しています。

シンプルで定番の服にはちゃんとお金をかけておいて良かったです。何より満足感を持って着られるという事が一番嬉しいですね。

 

洋服の断捨離、ちょっと待って

 

 

最近流行っている「ミニマリスト」という言葉、素敵ですよね。

私もミニマリストに憧れて、不要な物を少しずつ捨てています。

でも、洋服を捨てる時、特に独身時代、洋服にお金をある程度かけていた人は捨てる時によくよく考えた方が良いと思います。

やっぱり、

「良い物は良い!」

という事なんです。

シンプルで良質な服は体形が変わらない限り着る事ができます。

自分が着なくても娘が気に入ることもあるかもしれません。

実際、私の娘は私が昔来ていたちょっと派手目の服を「大きくなったら着たい!」と言っています。

最近洋服を整理していて思うのですが、結納の時のワンピースも付き合っていた時に旦那に買って貰ったワンピースもシンプルなデザインで良質な素材です。

ぜんっぜん、今でも着れるのです。

子供が幼稚園年中くらいまでは、動きやすくてラフなスタイルが多かったですがその後社会復帰すると独身時代の洋服はまた活躍できるかもしれません。

 

祖母の服やアクセサリーもお下がりでもらっています

 

 

私の亡くなった祖母は上品で素敵な洋服を好んでいた人でした。

今思うと、私と共通している所が沢山あります。

その祖母の服やアクセサリーは母や私が愛用しています。

特に嬉しいのは、普段着よりもスーツやアクセサリーなどがシンプルで上品で良質な物が多い事。

私が譲ってもらったのはエメラルドの指輪なのですが、派手過ぎないデザインでそれでいて存在感があります。

スーツなどは母が着ていますが息子の卒園式の時、母がそのスーツを着て卒園式に出席してくれました。

とても素敵だったのを覚えています。

私もお祖母ちゃんになったら「あのスーツ着たいな」と思えるようなスーツです。

 

こうやってブログで自分の気持ちをまとめて見ると、私にとって洋服選びはとても大切なものなんだということがわかりました。

これからも吟味して洋服選びを楽しみたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、遊びに来て下さいね!