しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

子供3人スイミングスクールにかかる総額は?最短で泳げるようになった子は?

f:id:syufumaruko:20170612171811j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

我が家の子供達は3人。小6男の子、小4女の子、小1男の子です。

子供の習い事は学研、スイミング、習字、ピアノの4つです。

(長男は学研を5年生の3月で退会、スイミングも目標をクリアして4年生の3月で辞めました。)

 

そのうち、スイミングは実はあまり習わせたいとは思っていなかったのです。

習い事をこんなに沢山させるつもりはありませんでした。

「スイミングは夏休みの短期教室だけにしよう」と思ってたからです。

しかし、長男は短期教室に結構お金を費やしましたが結局泳げるようにはならず、スイミング教室に通う事になったのです。

 

どこを目標として習わせるか?

 

我が家の子供達の習い事の中で、スイミングのお値段は結構高いです。

学研(週2) 8,460円

スイミング(週1) 7,290円

ピアノ(週1) 5,000円(姉に習っている為、安くしてもらっている)

習字(月4回) 4,000円です。

こうやって見てみると、週1で7,290円って結構なお値段ですよね。

それだけ泳ぎを習得するという事はお金がかかる事なのですね。

 

スイミングを習わせたい理由には様々なものがあると思います。

  • 脳の発達に効果がある。
  • 全身運動なので身体能力が高まる。
  • 小児喘息に打ち勝つ。
  • 達成感が味わえる。
  • いざという時に役立つ。
  • 泳げるようになる。

などなど・・・

 

その中で我が家がスイミングを習わせたいと思った理由はただ一つ。

 

泳げるようになりたいから!

 

これだけでした。

「学校の授業では泳げるようにはならない」とママ友達から聞き、スイミングスクールに通わせる事を決めました。

しかも短期教室だけで何とか泳げるようになってほしかった💦

習い事予算の中にスイミングは入っていなかったので、最短で泳げるようになる事を重視していました。

しかし長男は、年中、年長、小1、小2、小3の夏休みに2週間の短期教室に通わせてもなかなか泳げるようにはならず、これはもうちゃんと通わないと泳げるようにならないなと思い、入会する事になりました。

 

目的は「泳げるようになるため」です。

では、どこまで泳げる事を目標とするのか。

目標を低くすれば、費用は安く抑えられると思います。

でもせっかく通うのに、大人になって忘れてしまったら嫌だなと思いました。

習い事はある程度まで習得しないと本当に身に付かないからです。

そこで我が家では

クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ50mをクリアする事を目標とする事にしました。

www.syufumaruko.com

 

スポンサーリンク

 

 

スイミングスクールにかかる総額は?(見通し)

 

実は昨日、長女・次男が通っているスイミングスクールの時間帯が廃止になるというお手紙がきました。

来年の3月からは別の時間帯に変更してほしいというお手紙でした。

しかし、我が家はその時間帯しか送り迎えができず、もしかしたら次男はギリギリ目標をクリアせずに退会するかもしれません。

長女は先月バタフライ50mの試験に合格し、今月で退会となります。

 

次男が2月で退会するとして、一番費用が安く、最短で泳げるようになったのは誰なのか?(笑)

まず長男

小3の9月~小4の3月まで(19ヶ月)

7,290円✖19ヶ月で138,510円 (幼少期の短期教室含まず)

 

長女

小1の11月~小4の11月まで(37ヶ月)

7,290円✖37ヶ月で269,730円

 

次男

年中4月~小1の2月まで(35ヶ月)

7,290円✖35ヶ月で255,150円

 

という事で、やはり小3で始めた長男が一番費用が安く、最短で泳げるようになったという事がわかりました。

小3くらいになると、もう水に慣れている時点でスイミングに通うことになるのでどんどんとクリアしていく事になります。

早くから習わせる場合は、「水慣れ期間」がけっこうあるのである意味無駄にお金がかかることになります。

短い期間で泳ぎをある程度習得させたい方は、小3くらいから始めるのがベストかもしれませんよ。

 

習い事費用がやっと減少します

 

子供の習い事費用がやっと少なくなります。

これはもう、本当に嬉しいです。

来年の4月から14,580円のマイナスになります。

パートを辞めたばかりなので本当に良かったです。

 

www.syufumaruko.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また、遊びに来て下さいね。

>