しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

「余裕がある子育て」をとるか、「余裕がある老後」をとるか。

f:id:syufumaruko:20180131073557j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

昨日、フリーアナウンサー有賀さつきさんの急死が伝えられました。。。

 

ワイドショーで有賀さんのブログ内容の一部を紹介していました。

その中に

「生活を見直したら涙が滲んできました。余裕があるとないのとでは全然違いますね。余裕を持った子育てっていいですね。」という言葉がありました。

そして

「生活するのって楽しいことなんですね。ずいぶん私も病んでいました。(笑)毎日幸せだと思っていましたが、いつの間にか疲弊していたみたいです。」

と続いています。

 

その文章を読んで、有賀さんとは全然比べ物になりませんが私も余裕のない生活を送っていた時の事を思い出しました。

子育てと仕事。それだけでも大変なのにさらに介護にシングルペアレント

壮絶に忙しかったのではないかと思います。。。

 

心からご冥福をお祈りいたします。

 

余裕を持った子育て

 

私は今現在外では働いていません。(少々の在宅ワークをしております。)

専業主婦です。

次男が幼稚園に入園してから在宅ワークやパートなどいくつかの仕事を経験しました。

仕事をしていて、ワークライフバランスがとれていると思ったのは1日4時間の短時間パートの仕事の時でした。

しかもこのパートはシフトで平均週4くらい。

この時が一番バランスがとれていました。

でもバランスがとれていると感じたのは、「仕事1本」の時だけ。

ここに学校の役員の仕事が入ってきたら、もうちょっとキツキツです。

平日休みは全て学校に行かなければなりません。役員の仕事の他にも子供3人の学校行事もあります。

 

私の場合、たった4時間でキツキツになってしまうのには少し事情があります。

それはこのブログの更新作業があるからです。

好きでやっているブログなのですが、やはり毎日更新したいのです。

自分にとっては勝手に仕事と思っています。

 

ですから4時間の仕事+ブログ時間2~3時間で会社の往復を含むと7時間以上の仕事になります。

土日は子供の習い事の送り迎えや家事で忙しいし、自分のための時間なんて全然ありませんでした。

その後、9時~16時の事務仕事になり、さらにワークライフバランスが崩れて「このままでは何もかも駄目になる」と思い、仕事をやめることになりました。

 

仕事を辞めて、今は学校の仕事とブログを含めて在宅ワークをする毎日です。

このくらいで調度良い仕事量だと思っています。

多分、今現在学校の仕事と在宅ワークを合わせると1日4時間くらい。

私の場合は仕事時間1日4時間だったらライフワークバランスよく、余裕がある子育てができるような気がします。

 

時間に余裕のない生活・子育てをしてみて、見えた現実でした。

 

スポンサーリンク

 

「余裕がある子育て」をしているので「余裕がある老後」という夢は遠のいてしまいました。

 

今、私は働いていません。

ですから時間に余裕はできましたが、家計に余裕はありません。

やはり、子供3人を旦那1人の収入で賄うのは大変です。

子供を育てる事はできても私が働かなければ老後のための余裕資金の貯金はできません。

 

結局「余裕がある子育て」をとるか、「余裕がある老後」のどちらをとるか・・・

という事なのかもしれません。

 

それでもやっぱりどちらも大切

 

物事にはやはり「余裕」が必要です。

 

無理をしても物事はうまくいかないし、その無理は長続きはしない…

 

だから、今現在の「余裕がある子育て」も大切だし、将来「余裕がある老後」という事もそれと同じくらい大切なんだと思います。

 

物事を上手に進めて行くためにはストレス最小限で、少し余裕がある状態をキープできるようにしておかなければならないのかもしれません。

 

子育ての時間も、老後の時間も、時間と心とお金に少しの余裕を持たせることができたらいいなと思います。