しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

日本選手の皆さん、沢山の感動をありがとう。平昌オリンピックで私が印象に残ったコメントは・・・

f:id:syufumaruko:20180215094821j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

昨日は高木菜那選手が金メダル。カーリング女子が銅メダルをとりましたね!

おめでとうございます!

そして、感動をありがとうございます!

我が家では、テレビを2台つけて同時観戦していました。

 

今回のオリンピックを観ていて、スポーツの素晴らしさを改めて実感しました。

 

選手達の集中力に驚かされました

 

毎回競技を観て「凄いな」と思うのは、選手たちの「集中力」です。

どの競技の選手達も競技中の集中力の維持の仕方が凄いですよね。

どうやったらあんなに凄い集中力が発揮できるのでしょうか?

 

たまたまお昼のワイドショーを見ていた時に聞いた、スポーツキャスターの清水宏保さんのコメントがとても分かりやすかったです。

その中でとても印象に残っているコメントがあります。

スピードスケート女子500メートルで韓国の李相花選手の滑りに対してのコメントです。

 

『競技中に「勝てるかも」と頭をよぎった瞬間、足に力みが出てしまうものなんです』

 

というコメントです。

途中まで李相花選手は小平選手を上回るとても良いタイムを出していました。

それが自分でもわかっていて、「これは勝てる」と思った瞬間から足に余計な力が入ってしまったのではないかとコメントしていました。

 

競技中に「勝てる」と思ってしまうとそこで集中力が途切れてしまうそうです。

なるほど・・・

邪念が入ってしまうと競技への集中力が途切れてしまうという事なのでしょうね。

 

「負けるかも」と思ったら負けてしまうとは思っていましたが、「勝てるかも」と思う事もまた邪念になるんですね。

とにかくその瞬間の競技に集中するって事が大切なようです。

 

スポーツではないですが、ピアノ講師をしている姉にその話をした所、「ピアノのコンクールも同じだよ」と話してくれました。

 

演奏中に「これはノーミスでいける!」と思うと集中力が途切れて失敗するのだそうです。

とにかくその瞬間に集中するということがどんなに大切なのかが良くわかりました。

 

スポンサーリンク

 

スポーツを通して限界まで頑張ることを学んだ子供たち

  

今回、オリンピックの競技を観ていて子供たちはたくさんの事を学んだと思います。

特に我が子達はどちらかというと運動系ではなくて文科系なので、選手達の限界まで頑張る姿を見て心打たれたのではないかと思います。(もちろん私も!)

 

スポーツって本当にいいですね。

私もオリンピックを観て沢山の感動と元気をもらいました。

選手の皆さん、沢山の感動をありがとう!

そして本当にお疲れさまでした!!