しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

子供の習い事。ピアノ、やめて良かった。

f:id:syufumaruko:20180411093635j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

長男は小学校1年生の時にピアノを習い始め、6年生で辞めました。

辞めるまで、色々ありましたが今は辞めてみて、良かったと思っています。

今日はピアノを辞めたその後について書いてみたいと思います。

 

目次

 

 

ピアノを辞めて、生活がシンプルになった。

  

長男は小学校高学年から、やりたい事、やらなきゃならない事が沢山あって毎日本当に大変でした。

中でも大変だったのが楽器2つの練習でした。

毎日ピアノとトロンボーンの練習をしなければならす、こちらも「2つの楽器を練習しなさい」と声を掛けるのが大変でした。

音楽室に行ってもピアノの練習をしない日々が続き、本人が「練習ができない」と自覚したので辞める事にしました。

 

www.syufumaruko.com

 

本人が納得したうえでの決断でした。

ピアノを辞めた事で、毎日やらなければならない事が一つ減り、少しだけ生活がシンプルになりました。

 

ピアノを辞めて、トロンボーンの練習量が増えた。

  

ピアノを辞めてから、トロンボーンの練習量が格段に増えました。

1時間くらい集中して練習できるようになってきました。

ピアノを習っていた時はトロンボーンも20分くらいしか出来ていなかったと思います。

ピアノでは、1曲を最後まで弾きこなすのが精一杯でしたがトロンボーンでは同じ曲を何度も引き込むという練習が出来ています。

そうなってくると、楽器は俄然楽しくなりますよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ピアノで好きな曲を弾いていた!

 

我が家には防音室(音楽室)があるので、リビングに音が全く聞こえません。

この間、本人に気付かれないようにそっと防音室を覗いてみました。

すると、自分の好きな曲をアレンジしてピアノを弾いているではありませんか!

 

長男はもともととてもクリエイティブな事が好きな性格です。

決められた音を弾くよりもアレンジする事の方が好きなんですよね。

ピアノを辞めた事で、好きな曲を好きなように弾けるようになって嬉しいのかもしれません。

 

私はピアノが好きではありませんでした。そんな私がギターに出会えた時の事を思い出す。

  

実は私も子供の頃、ピアノを習っていました。

理由は姉が習っていたから。

私自身は10年近く習っても全然ピアノが好きになれず、練習は苦痛でしかありませんでした。

そんな中で、ピアノを弾いていて楽しかった記憶がたった一だけあります。

それは、クラスの合唱曲の伴奏を弾いてみたいと思った時のことです。

 

確か、曲は「宇宙戦艦ヤマト」でした。

クラスの伴奏のお友達が上手に弾いているのを見て、「私も弾きたい!」って思った気がします。

始まりの部分を何度も練習し、そこだけは今も弾けます(笑)

 

私がピアノが好きになれなかった理由はただ一つ。

「練習曲が好きではなかったから」だと思います。

 

そんな私ですが、大人になってからギターを独学でやり始めました。

「弾き語り」がしたかったのです。

歌を上手に歌えるようになるには、ギターが上手でないと・・・

という事で、自分が歌いたい曲をひたすら練習しました。

練習は楽しかったし、今でもギターは大好きです。

自分の好きなジャンルに合っている楽器はギターなんですね。

 

多分、長男もそんな感じなんだと思います。

「好きなジャンル」があるのです。

そしてそれにマッチしている楽器はトロンボーンなのだと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

今後、音作りで苦労することがあるかどうか・・・

 

長男がピアノを辞めた時期は(小6)これで良かったと思っています。

どう考えてもあれ以上は出来なかったし、あとから困る事があろうともあの時に辞めるべきだと思いました。

 

でも心配な事が一つ。

それは、今後音楽関係の仕事についた時に「もう少しピアノが弾けていたら良かった」と思う事があるかもしれないという事です。

 

長男は「サウンドクリエーター」という仕事にとても興味があります。

生演奏も好きなのですが、電子音楽もかなり好きなのです。

現在もスクラッチというプログラミングのソフトで自ら映像を作り出し、音を作ったりする事も大好きなのです。

 

複雑な音を作りたいと思った時に「もう少しピアノを習っておけば良かった」と思う事もあるかもしれません。

それだけが心配ですが、好きな事にはとことん頑張れる性格なので、その時はまたそこから自分で頑張るのではないかなと思っています。

 

まとめ

 

 

習い事は、「好き」かどうかが一番大切だと思います。

好きでない習い事を何年もやった所で何も身に付きません。

長男はピアノが「好きでなかった」わけではないと思いますが、ピアノよりももっと好きな楽器があったので良い選択をしたと思っています。

やってみて損な事は何一つありません。

今は、ピアノとトロンボーンという点が一つの線になっている事と思っています。

 

良かったらこちらも読んでみてください。

www.syufumaruko.com