しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

部活と習い事の両立。親はどこまで頑張ってあげられるのだろうか。

f:id:syufumaruko:20180411093635j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

昨日の夜、高熱がでました。

熱が出たのは本当に久しぶり。口内炎もできちゃってます。

何だろう、疲れかな・・・

免疫力が下がっているのが自分でもわかります。

どこかでゆっくり休息したいです。

今、倒れる訳にはいきません。

 

さて、今日はまたまた部活と習い事の両立についてのお話です。

 

習い事の先生に部活との両立は無理と言われたその後

 

中学校に入学して、吹奏楽部に入ろうと思っていた長男ですが、習い事の先生から「部活との両立は無理だ」と言われてしまいました。

www.syufumaruko.com

それでも「両立したいと思っている」という事を伝えると、「部活の顧問の先生に確認を取ってみてください。」と言われました。

確認というのは、「習い事中心でやっていきたいので習い事の日は部活を休んでも良いか」という事の了承を得るという事です。

 

という事で、部活の先生に直接会いに行ってお話をしてきました。

結果・・・

「両立して良いですよ。中学時代は色々な音楽に触れて、音楽の幅を広げる事も必要です。」

とおっしゃっていただけました。

わーい!!

理解のある先生でとても嬉しく思いました。

 

顧問の先生と直接お話ができて、私もホッとしました。

多分、子供に顧問の先生との話し合いを任せていたら、「本当に先生良いと言ったの?」と不安が残ったと思うのです。

親が顧問の先生と直接話しが出来た事で、顧問の先生の考えがよくわかりました

 

後は、習い事の先生に「部活の顧問の先生から了承を得られたのでこのまま習い事を続けてもいいか」という事を確認しなければいけません。

あと、もう一息じゃぁぁぁ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

部活と習い事、両立すると親の負担はもちろん増える・・・

 

両立できたら本人の希望通りなので嬉しい事ですが、親の負担は相当なものになりそうです。

土日は送り迎えなどで1日バタバタするでしょうし、下の子たちも振り回す事になりそう。

保護者会も掛け持ちになるし、それなりに大変そうです。

もちろんお金も・・・

 

以前もブログで書きましたが救われるのは、「子供の好きな事が親も好きなジャンルである」という事くらいでしょうか。

いやいや、でもでも「好きなジャンル」であっても負担はやっぱり負担です。

「親の負担が増えるからその部活には入部させない」という方だって結構います。

それも一つの考えだと思います。

なんでも「子供がやりたい事をやらせればいい」という訳でもないような気がしてします。

 

今現在、私は外では働いていないので子供の事にも時間をかけてあげられますが、働いていたら両立は許さなかったかもしれません。

親にもやっぱり限界がありますから。

ただ、我が家の場合は兄弟3人とも同じ部活に入りそうなのでその辺は楽かもしれません。

 

子どもの為だと思って頑張りすぎるとやはり親もストレスをため込んでしまい、プッツンとなってしまうかもしれません。

そうならないように、自分の時間は確保できるような生活パターンを作っていきたいと思いました。