しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

「できないものはできない」という事の重要性

 

f:id:syufumaruko:20170910070009j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

今日は朝から色々な事があって、若干思考が停止していますがそんな気持ちを整理するためにブログを書きたいと思います。

今日のお題は「できないものは、できない」とちゃんと言う事の重要性について書いてみたいと思います。

 

目次

 

 

今日あった出来事

 

あまり詳しくは書けないのですが、今日こんな事がありました。

簡単に言うと「PTAの誰も引き受けたくない役を押し付けられそうになった。お願いされた。」という事なのですが・・・

実はまだ結論は出ていません。

だって、一つ大役を引き受けているのにさらにもう一つという事なのです。

 

こんな時、「やります。」という事はとても簡単です。

でも、私はその場の雰囲気で「やります。」と言って後々後悔した経験があります。

ですから簡単に「やります。」なんて言えませんでした。

 

でも、「できない。」ともなかなか言えませんでした。

だから結論がでていないという訳なのです。

 

単発だったら引き受けても良いのですが、その仕事には任期があるのです。

それも2年も・・・

 

以前も幼稚園の役員決めでもこんな場面があった事を思い出しました。

www.syufumaruko.com

 

その時の事を思い返すと、やっぱり「できない」という意思表示をすることがいかに大切かがわかります。

「やります」という事のほうが怖いかも。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「できないものはできない」と言う事の重要性

 

PTAの役員決めの時、くじを引いて当たってしまっても「できません」という人がいるって事ありますよね。

それが良いとは決して言いません。

でも一方で「できない」と声を発する事も大切だと思っています。

 

誰かが声をあげなければPTAの仕事なんて絶対に減りませんから。

正直、どうでもいい(やってもやらなくてもいいような)仕事もあるのです。

それを、我慢して当たり前のようにやってしまっては現状は変わらないという事なのだと思います。

一つ一つ、「これは必要なのか?」と疑問を持っていくべきだと思います。

 

まずは、小さな声でもいいから声をあげていくべきだと思います。

 

「できない」「いらない」という声が沢山あがれば、必要のない行事はなくなっていくのではないかと思います。

いまだにPTAでは形だけの行事や、ただの人数集めの為にかり出される事も多いです。

それを我慢してやってしまうからいつまでたってもPTAの仕事が減らない。

仕事が多いから心の負担も多いのです。

 

我慢しないで、「できないものはできない」と声をあげなければならないのかもしれません。

その上で、出来る事、必要な事はやる。

言われた事を疑問を持たないで当たり前のようにやってしまうと、いつまでたってもPTAの仕事は減りません。

正直、PTAの仕事も「新しくやろう」という事のほうが簡単です。その時はやりたい人がやるのですから。

そうやってPTAの仕事は増えてきたのだと思います。

 

反対に「やめよう」という事はなかなか言えません。

でも、これからもPTAを残したいと思うのであれば仕事は減らすべきです。

減らした上で公平に仕事を割り振りするべきだと思います。

まずは、何よりも仕事を減らす事が大切だと思います。

 

それにしても次から次へと・・・仕事は増える一方だなと感じます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

また、遊びに来てくださいね。