しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

パートを辞めました。家計をどうやりくりするか、考えました。

f:id:syufumaruko:20171102093757j:plain

写真は次男の誕生日ケーキです。

旦那が作りました。

 

仕事を辞めてからというもの、色々なプレッシャーがなくなりゆったりとした気持ちで過ごせるようになってきました。

家の片づけも、ボチボチ少しずつやっていけそうな気がしてきました。

夕飯作りも時間に追われる事なく作る事が出来ています。

子供の歯医者の予約も眉間にシワを寄せる事なく時間を決められました。

久しぶりに子供に「いってらっしゃい」と言う時に笑顔になれました。

 

優先順位は低いが自分がやりたい事が出来なかった

 

仕事をしている時はとにかく全てに余裕がありませんでした。

頭の中が家事以外の「やる事リスト」でパンパンになってしまったのです。

仕事をしていた時の頭の優先順位はというと

 

  1. 仕事でやらなければいけない事の把握(内職も含めて)
  2. 学校の役員のやらなければいけない事の把握
  3. 子供の学校の行事や習い事のスケジュールの把握
  4. 夕飯メニューとその買い物
  5. ブログのこと
  6. ゴミ出し

 

私の頭の中は、もうこれだけでいっぱいいっぱいでした。

家の家事仕事で入っているのは「ゴミ出し」と「夕飯メニューとその買い物」だけですね。

 

ちなみに仕事の事は、仕事以外の時間もずっと頭から離れませんでした。

社長と電話する事などが多く、過度のプレッシャーによるものだったと思います。

 

ここに、掃除や片づけが全く頭に入っていないのがわかります。

やれていた掃除と片づけは、ゴミ出しとトイレ掃除、おふろ掃除、くらいです。

掃除はできていても、片づけ、整理整頓は全くできないでいました。

 

家計管理もだんだんどんぶり勘定になり、夕飯の買い物も計画的に出来なくなっていました。そしてキッチンの整理整頓も出来なくなり、同じ物を買ってしまう事も多々ありました。

 

月に12、3日くらいしの出勤のパートでこんなにも消耗していたんですね。

(平日休みの日は全てPTA仕事と内職が入ってるので平日休みなんてないのも同じ状態でした。)

情報収集の時間もなく、「子供にとって有益な情報を探す事」や「頼まれていた本を買ってやること」、「家族が暮らしやすいように家の中の整理整頓をすること」など「優先順位は低いけれど私がしたい事」をやれる時間がとれませんでした。

子供の発表会の洋服すら探してやることが出来ず、優先順位を高くしなければいけないのは何なのかさえ考えられずにいました。

 

心も頭もパンパンでしたので、そちらに目を向ける事さえできない。

でも心の奥ではそれが出来ていない事が溜まっていったのだと思います。

 

  

スポンサーリンク

 

 

収入が減ってしまうので家計を見直さなくてはならない

 

仕事をやめた事で心の余裕と時間を手に入れる事が出来ました。

旦那1人の収入で何とかやれるようにしなければいけません。

月に7万円程の収入が減るのですから、そりゃもう大変です。

でも、何とかするしかありません。

  • まずは食材の買い物を工夫して、食費を7万→5万円に
  • それから仕事に行かないのでガソリン代の節約、1.5万円→1万円に
  • 仕事に行かないので自分の服は買いません。2万円→1万円

これで3万5千円の節約です。

とりあえずはこの位で何とか頑張りたい💦

我が家は携帯もガラケーと格安スマホなため、他に削る所がないのです。

でも赤字になるならこの後は旦那の小遣い3万円→2万円

子供の習い事を減らす

と続きます。

とりあえず、これで何とかがんばってみます。

それで駄目なら外で働くしかありません。(その頃には役員の仕事も終わっている)

 

救いなのは、子供の教育資金の他に車貯金があった事です。

数年前に亡くなった主人の母の遺産に手を付けず、そのうちの400万円を車貯金として主人の終身保険として預けていたのです。

もちろん、この他にちゃんと旦那の生命保険はかけています。

この終身保険は旦那が47歳の時にかけたもの。今年以降に解約すれば解約返戻金がマイナスになる事はありません。

一応は預けていればずっと返戻金が上がるという設定になっています。

ちなみにこれは車2台分です。

私がこのまま仕事をしないという事になれば車1台で何とか頑張って行こうと思っています。

目標はこの保険を一切解約せずに次男の大学費用に充てる事です。

 

  

スポンサーリンク

 

 

働き始める前に保険の見直しをしていて良かった

 

3人目の子供が幼稚園に通い始めて時間が出来た時に、保険の見直しをしていて良かったです。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っている保険の担当の方でしたので、老後の事まで考えた提案をして下さいました。

その時に相談していなかったら、旦那の親の遺産をダラダラと生活費に使っていたかもしれません。

ちなみに旦那の両親の事はいつかブログで書きたいと思っていますが、ものすごい倹約家でした。世代の影響もあると思いますが、自分たちは贅沢をせず子供に遺産を残して亡くなりました。

そんな遺産ですから大切に使いたいのです。

孫が大好きな義母でしたから、孫の教育資金に充てられる事ができれば何よりなんじゃないかなと思っています。

 

3年前にきちんと見通しを立てていて良かったです。

この3年間働いたことで色々ありましたが、3人目の幼稚園代と長男・長女の矯正代、長男の楽器代くらいは3年間のパート代で賄えたのではないかと思います。

パートをしていなかったらとっくに車貯金の保険を解約して使っていたかもしれません。

とりあえず、次男も小学生になったし、長男長女の矯正も支払いは完了したので一端山場は過ぎました。

 

来年長男が中学生になり、受験になればまた大きな山場が来ますがそれをどう乗り切るかが今後の課題となります。

 

車資金として保険に預けていますが、別に車資金として使わなくてもよいのです。

簡単に使えない仕組みにしておいて本当に良かったです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、遊びに来て下さいね。