しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

部活をやらせるタイミング

f:id:syufumaruko:20180411093635j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

我が家には中1、小5、小2の子供達が3人おります。

現在まだまだ子育て真っ只中ですが、子育てって選択の連続だなと思います。

今まで習い事や塾、部活、どれをいつから始めさせれば良いのか悩み、考えてきました。

特に最初に生まれた長男が小さい頃は、悩みました。

結果、今はこれで良かったんだなと思っています。

今日は、部活をやらせるタイミングについて書いてみたいと思います。

 

小学校時代から部活をやらせたい

 

小学校の3, 4年生くらいになると、部活を始める子がチラホラと出てきます。

「○○ちゃん、バスケ部に入るんだって~!」

とか、

「○○君は吹奏楽部に入ったよ!」

なんて話を聞くと、親として焦ったりもしました。

だって、中学校になった時の事を考えたら小学校時代から部活をやっている子のほうが断然有利ですものね~(^_^;)

 

長男が小学校3年生の時、一番仲良しだった男の子が吹奏楽部に入りました。

私は長男に吹奏楽をやってほしいと思っていたので、

「一緒に入部すればいいじゃん!」

と言いました。

でも、彼の返事は「No」

理由は、多分当時の彼はそこまで音楽の情熱がなかったし、学校が終わったら家で自分の好きな折り紙とかゲームとかをしてゆっくり過ごしたかったからだと思います。

 

学年が上がるにつれて、さらに部活に入る子が増えてきました。

親としてさらに焦りました。

単純に「差がつくな~」って・・・思いました。

そして長男が4年生の終わり頃、「学校の吹奏楽部には入らないけど、違う楽団に入団したい」と言い出しました。

何故部活ではない違う楽団を選んだのか。

理由は、音楽のジャンルの事とか色々ありますがやはり小学校の吹奏楽部が忙しすぎるのが嫌だったのではないかと思います。

小学校5年生の彼としては、週に5日の部活はやりたくなかったのだと思います。

 

そんな感じで彼は小5から週末のみ活動している楽団に入団しました。

そして、現在中学校で吹奏楽部に入り、結局楽団も辞めず、週5どころかほぼ365日音楽漬けの日々となってしまいました。

でも、本人はとても楽しそうです。

音楽への情熱が高まった時に、部活に入ったので楽しくてしょうがない様子です。

 

 

 スポンサーリンク

 

私としては小学校時代から部活をやらせたいと思っていましたが、中学で部活に入ることが彼のベストタイミングだったと思っています。

 

ちなみに小3で吹奏楽部に入部したお友達は5年生で部活を辞めてしまいました。

中学でも吹奏楽部には入りませんでした。

 

小学校時代に部活をやる事のリスク

 

小学校時代から部活をやるお子さんは沢山います。

早めに部活をやるリスクなんてほとんどないのですが、ちょっともったいないなと思うパターンもあるので書いてみたいと思います。

私がもったいないと思うのは、

「周囲に流されて入部してしまい、忙しいのが嫌でやめてしまうこと」

です。

これ、本当にもったいないです。

 

小学校時代に燃え尽き症候群になってしまう感じです。

その後、中学でまた部活に挑戦できれば良いのですが、小学校時代に忙しすぎたのが嫌で部活に入らないパターンも中にはあるのです。

 

小5の長女が部活に入りたいと言い出した!

  

最近小5の長女が部活に入りたいと言い出しました。

長男と同じ小5ですね。

長女は小学校の吹奏楽部に入りたいと言っています。

しかし・・・

週5日の部活なので

ちょっと心配です。

 

入部しても良いのですが、「忙しすぎるから中学校では吹奏楽やらない」と言わなければよいのですが。

我が子達の場合は小学校時代は、そこまで忙しくない方が中学校になってから頑張れるのではないかと思うのです。

あ、もちろん小学校時代からずっと頑張って続けられる子も沢山います。

 

その辺もよく考えて入部を考えたいと思います。

親としては、できればベストタイミングで部活を始めさせてあげたいのです。

 

のんびりした小学校時代を過ごすのも、良いのではないかと思っています。

今日は部活について私が思うことを書いてみました。