しゅふまるこ

子供が3人おります。アラフォー主婦です。子育て・習い事・節約・働き方など書いています。

「お友達の悪口を言わないように」と教えてきたけれど・・・

f:id:syufumaruko:20181119163113j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

先日、長女の部活の悩みについてブログに書きました。

www.syufumaruko.com

 

今日はその続きについて書きたいと思います。

その後も色々とあり、昨日はその事について親子共々色々な方にアドバイスをもらったり励まされたりしました。

色々と話をするうちに、長女もこれから少し、変わっていかなければいけないなぁと思いました。

 

目次

 

 

その後のAちゃんの態度は

 

部活でAちゃんから心ない一言を言われたのは土曜日の事でした。

翌月曜日、長女は普通に学校に行きました。

そしてその日は部活にも行きました。

Aちゃんは思った通り、朝、教室で何もなかったように

「部活に一緒に行こう」と言ってきました。

 

長女はAちゃんに対し、自分の気持ちを態度に出さなかったようですが、やはりどうしてもニコニコ出なかったようです。

教室でも部活でも、Aちゃんには近づかないようにしていました。

 

そして火曜日、学校には行きましたが部活は休みました。

この日もAちゃんは長女に朝、

「部活に一緒に行こう」

と言ってきました。

しかし長女は授業が終わると部活には行かず、家に帰ってきました。

 

部活に行くと、Aちゃんが執拗にくっついてくる事がどうしても嫌だったようです。

 

長女は心ない言葉を言い放っておきながら「部活に一緒に行こう」と言ってくるAちゃんの態度に疲れてしまったようです。

 

次の日長女は学校を休みました。

私も長女の様子を見ていて、無理には行かせない方がよいかなと思ったのです。

 

そして次の日、長女が学校に行きましたらAちゃんは

長女に「心ない一言を言い放ったこと」

について謝ってきました。

 

恐らく長女が部活も休み、学校も休んだ事で何か感じたのでしょうね。

謝った内容としては

「あんな事言ってごめんね。もう2度と言わないから許してね」

といった内容です。

 

長女はとりあえず「わかった」とだけ伝えたようです。

 

Aちゃんが謝ってきた事で長女の気持ちは少しだけ軽くなったようですが、やはりもう、元のように仲良くはなれないなと感じているようです。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

「お友達の悪口を言わないように」と教えてきたけれど

 

私は子ども達が小さい頃から

「お友達の悪口は言っちゃいけないよ」

と教えてきました。

 

しかし、今回の件で思った事は、

「そのせいで長女を苦しめていたのではないか」

と言うことです。

 

悪口を言ってはいけないと教えられているので、長女は辛い気持ちを周りのお友達に言うことができなかったのではないかと思うのです。

結果、長女はAちゃんの事を一人で抱え込んでしまったのではないか・・・

 

もっと早い段階で、他のお友達に自分の気持ちを伝える事ができれば、もっと上手にAちゃんから離れられたのではないかと思いました。

 

「悪口を言う」という事と、「辛い気持ちを聞いてもらう」という事は違う事です。

これからは我慢しないで、心を許せるお友達に自分の気持ちを伝えられると良いなと思います。

  

気持ちをお友達に伝えてみた

 

今回の事で長女はかなり精神的ダメージを受けました。

私も話を聞いていて辛かったのでママ友さんに話を聞いてもらいました。

そうしましたところ、色々とお友達が長女を助けてくれました。(これから助けてくれると言ってくださいました。)

クラスでAちゃんと二人にならないように声を掛けてくれたり、長女に「大丈夫?」と声を掛けてくれたりしました。

 

そのお陰でクラスでは、Aちゃんと距離を置いてやっていけそうな感じがしました。

やはりAちゃんに対して同じように感じているお友達も多く、そこにいれば長女も安心できるようです。

 

部活の人数が少ないので逃げ場なし

 

しかし部活はちょっとどうなるかわかりません。

同じ部活のママ友が、色々と手助けしてくれると言ってくださいましたが、何せ部活にはグループが2つしかありません。

長女はどちらのグループにも行けますが、Aちゃんは絶対に自分のグループのお友達以外に心を開きません。

 

そしてAちゃんは一人ぼっちになるのが嫌なので執拗に長女につきまとい、長女を別のグループに行かせないようにします。

ちなみにAちゃんと長女のグループのメンバーはAちゃんと長女と下学年の子2人です。

ようするに、グループ内の同級生は長女だけなのです。

 

Aちゃんは下学年の子とは仲良くやっていけるようなので、(恐らく自分の言うことを聞いてくれるから)それで良いでは無いかと思うのですが、やはりグループ内に同級生がいないのは嫌なのだと思います。

そして長女はというと、グループ内の下学年の子達と普通に接していますが、やはりそのうちの一人がAちゃんの悪口に乗ってしまう子なのでそのグループ事態が嫌になってきたのだと思います。

 

ですからどちらのグループにも入らず一人でいる。または男子と一緒にいる。

そうするとAちゃんが寄ってきてグループに引き戻そうとする。もしくは心ない一言を言ってくる。。。

 

何とも面倒くさい話です。

 

部活の人数が少なく、両極端なグループ構成なのが辛い所です。

まるで陽と陰のグループなのです。

長女はちょっとクールな部分もあり、基本的には陽ですが、陰ではないけれど集団の中にいながら一人でいたい時がある子ような子なのです。

 

沢山人数がいるクラスだと長女と同じようなタイプの子がいるので良いのですが、部活は少人数。

そして長女と同じような子がいない。

 

長女は一人でいるのは平気だが、心ない一言を跳ねのけるほどの強さはありません。

 

教室で長女をKEEPしてくるAちゃん

 

そんな感じなので、Aちゃんはクラスにいる時から長女に「部活に一緒に行こう」と執拗に言ってくるのです。

ようするに、長女をkeepしておきたいのだと思います。

クラスにいる時から暗に

「部活ではずっと私と一緒だからね。私から離れないでね」

と言っているのです。

 

心ない一言を長女に言ったくせに平気でそう言ってきます。

クラスでは別のグループで行動していても、それだけは長女に言ってくるのです。

 

長女は今、それが嫌で仕方ないようです。

そして、教室でやっとAちゃんと別のグループになれたのに、部活に行くとまたAちゃんが近づいてくる。

そうされると教室でもまた近づいてくるようになる。

 

という構図が想像できてしまいました。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

長女も変わらなければならない

 

長女は基本的に優しいです。

お友達に冷たい態度をとるということは、自分も傷ついてしまうのです。

だからあまり友達に冷たく出来ない。

その優しさにAちゃんはつけ込んでくるのです。

 

しかし、このままでは長女は同じ悩みにずっと苦しむ事でしょう。

ですからAちゃんとはキッパリ決別した方が良いと思っています。

それを上手にやれるかどうか・・・

真っ正面からAちゃんに当たっていかず、かわしながら距離を取る・・・

そんな高度な技を使えるかどうか心配ですが、色々な手段を教えています・・・(笑)

 

さいごに

 

この間もブログにも書いたように、部活を辞めるとか辞めないとか、まだ何の決断もできてません。

しかし、今の段階ではとりあえず部活は行かない方が良いかなと思っています。

長女が部活を休んだ場合、Aちゃんの部活での立ち位置はどうなるのか・・・

 

教室内でも「部活」というAちゃんと二人だけの共通点がなくなれば自然とAちゃんとさらに距離が広がっていくでしょう。

それで長女の心が安定すれば良いと思っています。

 

そう考えると、やはり「部活を続ける」という選択肢はないような気がします。

部長さんには「長女にはやめてほしくない、違うグループの子にも手助けさせる」と言われました。

しかし、それもちょっと違う気がします。

 

部活はもともと縦の関係が全くなく、相互に色々なお友達と関わるという感じでは無いんです。いつも仲良し同士で集まっています。

学校の先生も関与していません。

部活の先生は人間関係にはノータッチです。

 

だから人間関係が固まってしまうんですよね。

私はそのシステムが元々嫌でした。

風通しが悪いです。

 

長女は基本、一匹狼でも平気なタイプです。

でも、一匹狼だと変な子も寄ってくる。

それを上手に嗅ぎ分けていかなければいけないんだなと思いました。

 

ちなみに、私も長女と全く同じタイプなのです。

だから良い人も悪い人も寄ってきます。

そして、私はいっぱい失敗したのでその匂いを嗅ぎ分けられるようになりました。

「面倒な人が寄ってこない」というのがベストですが、その強さはないんですよね~💦

 

とにかく、1度Aちゃんとはクラスも部活もどちらもキッパリ距離を置いたほうがよさそうです。

それからもう一度部活の事を考える必要がある気がします。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

また、遊びに来てくださいね!