しゅふまるこ

子供が3人おります。アラフォー主婦です。子育て・習い事・節約・働き方など書いています。

中途半端だと相手にちゃんと伝わらない

f:id:syufumaruko:20190416093823j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

久しぶりのブログ投稿です。

私が住んでいる所でも、やっと桜が満開になりました!

とうとう春がやって来ました~♡

 

先週から昨日まで、PTAの全体会議、部活の総会、その準備、子どもの楽器進級試験などで忙しく、全然ブログが書けませんでした。

ブログを書きたかったけど、無理はしませんでした(^_^;)

 

家の中も、すごく散らかっています。

まさに私の心の状態を映し出していますね(-_-;)

 

でも、忙しいピークは過ぎ、PTAのお仕事はとうとう残りあと1日となりました。

ここにきてやっと、私の気持ちが上向きになってきました。

出口が見えてきた感じです!!

 

今週から少しずつ、断捨離、お片付けを進めていきたいと思っています!

と、その前に先週の家族の出来事をちょっとだけ書いてみたいと思います。

 

目次

 

 

楽器進級試験

 

週末に、中2の長男が所属するオーケストラ教室の楽器進級試験がありました。

進級試験ではオーケストラに所属する全ての子ども達が一人一人皆の前で課題曲を演奏します。

審査員はオーケストラの先生方で、この試験の結果で上級の合奏チームに上がれるかどうかが審査されます。

 

長男は一応上級の合奏チームにいますので、もう進級はありませんが結果次第では下の合奏チームに落とされる事もあるやもしれません・・・

 

年に一度の進級試験。

いつもはね、長男は試験の前に家族に何度か課題曲の演奏を聞かせてくれるんです。

それで、私や旦那がわかる所はアドバイスをします。

それから試験に臨みます。

 

でも、今年は長男も私もとても忙しくて進級試験当日まで一度も長男の演奏を聞くことができませんでした。

部活でも同じ楽器を演奏しているので、「一人で大丈夫だろう」と思ってしまっていたんです。

そして試験当日、長男の演奏を始めて聴きました。

 

ドキドキ・・・

「どうか、無事に演奏できますように・・・」(心の声)

 

いよいよ長男の演奏が始まりました。

 

出だしは、まぁまぁ良い感じ。

高い音も、低い音も上手に出てる・・・

一人でよくここまで頑張ったな・・・

 

と、思ってしばらく聴いていると・・・

 

曲の終わりの方で・・・

テンポが・・・

速くなっていってるではありませんか!

 

息継ぎのタイミングがない曲でしたので、苦しくてテンポが速くなっているように感じました。

そして、その後今度はもの凄くスローなテンポになって曲が終了しました。

 

演奏が終わり、私は思いました。

 

「演奏を聴いていてこんなに心地悪いのは何故なんだろう・・・」

 

演奏後の本人の表情を見てみると、とても満足のいく演奏ができたとは思えない表情でした。

でも、長男の話を聞いてみるとテンポの事は何も気にしていないのです。

私はテンポが速くなった事がとても気持ち悪かったのに・・・

 

その後、長男と色々話をしてみると、「曲の終わりはそういうテンポ(速さ)で演奏しなさい」と指導されたという事でした。

要するに曲の最後だけ、

「何度も繰り返していたAメロのメロディのテンポが速くなり、その後ゆっくりになって終わる」

という終わり方なのだそうです。

 

それにしても納得いかないと思いました。

 

だって、演奏を聴いていて本当に心地悪かったのです。

私は聴いている最中、心の中で何度も「テンポが速くなってるよ~!!」と言ってました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

家に帰ってから反省会

 

その後も長男と演奏について話をしても私は

「曲を聴いていて心地悪いと思った原因」

がわからず納得いかなかったので家に帰ってから楽譜を見ながら演奏の録画を見てみました。

確かに最後、テンポが速くなっています。楽譜にもその通りに書いてあります。

「楽譜通りなのか・・・」

と思っていると旦那が言いました。

 

「あ~、この速さが中途半端だから駄目なんだな~」

 

と・・・

 

「何?どういうこと?」

 

と私が聞いてみると、

曲の最後はメリハリを付けて盛り上がる場面だったらしく、テンポをもっと速く演奏すべきだったという事らしいのです。

長男の演奏は「中途半端に速いテンポ」だったため、

聴いている方は「息継ぎが苦しいからテンポが速くなってる」と感じてしまったのでした。

 

なるほど・・・

納得!!

 

私達の会話を聞いて長男も、

そういえば先生に

「そこ、もっとテンポ速くてもいいよ」

と言われた。

と言いました。

 

やっぱりね・・・

 

原因がようやくわかりました。

 

「中途半端な速さだったので、相手に伝わらなかった」

 

という事だったのです。

 

おわりに

 

今回の進級試験が終わり、思った事は・・・

「どんなに忙しくても試験の前は子どもの演奏を聴こてあげよう」

という事です。

 

遠慮無く駄目出し出来るのは親くらいですからね。

先生はそこまで強くは言ってくれません。

 

それから今日のタイトルにもありますが

何事も、中途半端だと相手に伝わらないのだなと思いました。

今回は「曲の速さが中途半端だ」というお話しでしたが何か他の事にも共通しているような気がしました。

 

私も中途半端な事が沢山あります。

ブログとか、片付けとか・・・

そこをもう少し改善して突き詰めていくと違う世界が見えるのかなと思いました。

え?関係ないですか?(^_^;)

 

久しぶりの投稿でしたが、書いているうちに何だか熱くなってしまいました。

ブログってやっぱりいいですね!

 

今日も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

また、遊びに来てくださいね!