しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

カーポートが壊れました。半年経ちましたが火災保険が適用される事がわかりました!

f:id:syufumaruko:20180122093357j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

今年の1月、大雪でカーポートが壊れました。

家の屋根から落ちてきた雪の重みで壊れてしまったのです。

 

www.syufumaruko.com

 

冬の間、カーポートの修理依頼はしませんでした。

春になって、ぼちぼち見積もりなどを取りに行こうかな~と夫婦で動き出しました。

ネットなどで色々調べてみると、カーポートの骨組みが壊れてなくてポリカーボネートを取り替えるだけでも10万以上する事がわかりました。

我が家のカーポートは2台分。

6枚ほどのパネルが歪んだり破損したりしてしまいました。

高いなぁ・・・と思いながらも放置していた所、

ある日、何となく気がつきました。

 

カーポートの修理、火災保険が適用されるんじゃない・・・?

と。

 

カーポートの修理、保険が適用されます!

 

我が家が加入している火災保険は東京海上日動火災です。

電話をして

「今年の1月に雪害でカーポートが破損してしまったのですが、保険は適用されますか?」

と聞いてみました。

すると、

「はい、大丈夫です。まずはカーポートの見積もりをとって下さい。そこから3万円差し引いた額を1週間以内にお客様の口座に振り込みます。」

と言われました。

 

3万円は実費という事ですね。

 

必要な書類は

  • 破損したカーポートの写真
  • 業者の見積もり
  • 保険金請求書

の3つです。

 

見積もりは積水ハウスに頼みました。

ポリカ板 屋根材14枚と工事費、諸経費など入れて

 

196,560円でした。

 

そこから3万円は実費ですので

166,560円が保険会社から支払われる事になります。

 

 スポンサーリンク

 

 

気付いて良かった・・・保険のこと

 

今回、保険が適用されるとは全く思い浮かびませんでした。

旦那は、自分でポリカーボネートを張り替えようとしていたくらいです。

危なかった・・・(^_^;

何事も焦ってはいけませんね。

 

家を建てる時は、駐車場の場所をよく考える事が大切

 

実は我が家のカーポート、毎年屋根からの落雪で少しずつポリカ板が歪みます。

今年は数年に1度の豪雪でしたのでとうとう破損してしまいました。

ちなみに駐車場の位置は積水ハウスの設計者が決めました。

何気に、設計ミス・・・?

と思います。

屋根の形状などを考えれば、カーポートに屋根の雪が落ちることはわかるはずですから。

また、屋根の雪止めもあまり効果がありません。

他の家よりも雪がガンガン落下します。

何でですかね・・・

毎年、屋根からカーポートに雪が落ちるともの凄い音がして、恥ずかしいです。

とはいえ、駐車場の場所を変えることも出来ないの仕方ないです。

 

数年に1度は保険請求する事になるかもしれません。