しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

動く人と動かない人の違い。自分なりに動くで良しとしよう!

f:id:syufumaruko:20180807102533j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

夏休みになって、子どもの見守りとか自治会のお祭り、部活の運営の手伝いなど親が集まって仕事をする機会が増えています。

私はどちらかというと、そういった集まりは苦手な方です。

何故苦手なのかといいますと、自分が何の仕事をすれば良いのかわからない事が多いから。

要するに、動き方がわからないのです。

上手に動けないけれど、「動かなければいけない」と思っているのです。

 

一方で、私がどう動いたら良いのか考えているうちにサクサクと必要頻度の高い仕事を選び、動いている人もいます。

そんな風に私も動きたいなぁと心では思っているのですが、何年経っても上手に動けないなぁと感じている今日この頃です。

 

目次

 

 

動く人の特徴

 

  • 動ける状況にある
  • 何をすれば良いのか見えている
  • 何をするにも手際が良い

 

動かない人、動けない人の特徴

  

  • 動くのが面倒くさい
  • その場所をよく知らないから動かない
  • わりと手際が悪い

 

最近の集まりで

 

町内で、ちょっとした会議がありました。

15分程度で終わる会議です。

集まったのは20名程度。(自主的な集まりです)

会議が始まる前に、長老から冷蔵庫に飲み物が入っているから好きなのを飲んでくれ。と言われました。

飲み物は大きなペットボトルで、紙コップにつがなければいけません。

 

仕事をしなれている数名のパパさんとママさんがすぐに立ち上がり、手際よくやってくれました。

私は配る係にまわりましたが、皆がコップを取りにきてくれたので特にやらなくても良い仕事でした。

後で、座っていれば良かったのかな・・・?

とも思いました。

ちなみにすぐに立ち上がらなかったのは、正直、「15分程度の会議でお茶はいらない」と思っていたからです。

 

要するに、私がやった仕事は特に必要ない仕事だったのですが、手伝わないのも悪いかな・・・と思ってやった仕事です。

手伝いたいという気持ちはあるのですがこれ、意外と邪魔だったりもしますよね(^_^;)

 

こんな時はいつも、「もやもや~」としてしまいます。

じゃあ、動かなければ良かったのか?と思うけれど、それはそれでやはり「もやもや~」とするのです。

 

今回上手に動けなかったのはやはり、「知らないから動かない」という気持ちが一番大きかったですね。

動いた方は自治会館をよく知っている方達でした。

 

   

 スポンサーリンク

 

終わった後、なんだか凄く疲れた

 

 その会議が終わった後、上手に振る舞えなかった自分が嫌で凄く疲れてしまいました。

会議に出席していたご家族がわりと「共働きで優等生家族だった」という事もあるかもしれません。

勝手に自己嫌悪です。

 

やはり人間は動く人と動かない人に分かれてしまいます。

動かない人、動けない人達はそういった集まりに参加しなくなっていきます。

だって、やっぱり何だかとても疲れますから。

 

私も参加しない方がどんなに楽か・・・と思うのですが、やはり出来ることがあればお手伝いしようと思って参加します。

そして、毎回自己嫌悪に陥ります(>_<)

 

上手に動ける時は場慣れしている時

 

 そんな私でも率先して動ける場所があります。

それはPTAの仕事の時。

毎週同じ仲間と仕事をしているし、PTAの教室も使い慣れています。

リラックスした状態で仕事をしている時は、上手に動けるのです。

 

要するに、自治会の集まりとか部活の集まりは知らない方達が多いので緊張して上手く動けないのでしょうね~(;´Д`)

 

   

 スポンサーリンク

 

無理はしないで自分なりに動く

 

 最近思うのは、「無理しないで自分なりに動けばよい」という事です。

仕事に対して人数が足りている事は結構あります。

そういった場合、率先して仕事をするのが得意な方が仕事をやる事になってしまいます。

それが続いたら、「今度は私がやるよ」と言うとか。

「仕事をする」にも様々な方法がありますものね。

 

あまり自己嫌悪にならないように、「自分が動ける時は動く」というスタンスでやっていくしかないですね~(^_^;)