しゅふまるこ

子供が3人おります。アラフォー主婦です。子育て・習い事・節約・働き方など書いています。

愚痴や悪口を言わないようにする方法

f:id:syufumaruko:20200203135445j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

「最近なんだか愚痴っぽいなぁ・・・」と思う事はありませんか?

人間関係などでストレスがたまり、気が付けば愚痴ばかり言っている・・・

そんな日々が長く続くと愚痴を言ってもストレスは発散できませんよね。

それどころか愚痴を言うことでどんどんネガティブ感情が高まっていく事でしょう。

 

グチグチと愚痴や悪口を言い続けないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

最近自分があまりにも愚痴っぽくていい加減嫌になってきたので、そんな自分を変える方法について書いてみたいと思います。

 

 

 スポンサーリンク

 

最近、愚痴っぽい自分が嫌

 

最近の私、愚痴が多いなと思います。

基本的に愚痴は旦那に聞いてもらっていますが、ついつい外でもポロリと出てしまう事があるので注意しなければならないなと思っています。

聞いてくれる人がいると、つい言っちゃうのは良くないです。

愚痴というよりも、仕事の改善点についての話なんですけど愚痴は愚痴です。

 

愚痴や悪口を言わないようにするためには

 

では、愚痴を言わないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

私が思いついたのは3つ。

 

 ①感謝する癖をつける。

 ②他人の良い所に目を向ける。

 ③自分のしたい事に没頭する。

 ④ポジティブな人に近づく。

 

では、1つずつ解説していきたいと思います。

 

まず①の「感謝する癖をつける。」は私の目指すところでありますが、ついつい忘れがちになっている事です。

いけませんね。

「感謝」を忘れるから、愚痴が多いのかもしれません。

これはもっと改善しなければと思っています。

 

②の「良い所に目を向ける。」はわかっているけれどなかなかできない・・・

といったところでしょうか。

私は切り替えが下手なのでとても難しいです。

悪いところが目に付いちゃうと、なかなか視点を変えて見ることができません。

苦手な人と距離を置くとならできます。。

 

③の「自分のしたい事に没頭する。」は得意です。

恐らくこの③のおかげで私は自分をコントロールできていると思ってます。

何かに夢中になっている時は、「悪口を言いたい」という気持ちになりません。

頭の中は「夢中になっている事」でいっぱいなので、他人の事を考えている暇などないのです。

私の場合は今はブログですね。

愚痴を言ってる暇があったらブログネタを探します。

 

④の「ポジティブな人に近づく」は、結構おすすめです。

ポジティブな人には悪口や愚痴を言いたくないものですよね。

恐らくポジティブな人はそういった負の感情を寄せ付けないからだと思います。

自分がそうなれれば一番ベストなんですけどね😅

 

どうでしょうか?

自分に合っている方法を見つけて「愚痴を言いたい自分」とサヨナラしたいです。

 

とはいえ、どうしても愚痴を言いたくなる時はやはり旦那に聞いてもらおうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

建設的な意見を言ってくれる旦那に感謝

 

旦那は私の愚痴をよく聞いてくれます。

そしていつも建設的な意見をくれます。

ただ「聞いてくれるだけでいい」という人もいますが、私はこの「建設的な意見」にかなり助けられていると思います。

 

常に改善点を見つける事が得意な旦那ならではの意見が、とても参考になります。

旦那の意見を聞くと、私の愚痴が「ただの愚痴」ではなくなり「問題提起」になります。

そして夫婦で話し合いが始まり、改善点はいったいどこなのかという話に発展します。

自分で言うのもなんですが、この話し合いのおかげで成長できています。

 

まとめ

 

最近何かと忙しいのでストレスがたまっているので愚痴を言いがちなのですが、愚痴を言わない方法で発散させたいと思っています。

何と言っても愚痴を一番聞いているのって自分自身じゃないですか。

愚痴を言うって事は、ネガティブなシャワーを自分に向けてかけているようなものですよね。

ネガティブじゃなくてポジティブな言葉を沢山発して、自分の気分を上げていけるようにしたいと思います。

まずは、頭で考えるよりもポジティブな言葉を声に出してみる事から初めて見たいと思います。

 

余談・・・長男が中学校に入学してからというもの、学ラン姿の息子が家にいます。
当たり前ですが、何だかまだこの風景に慣れません。
長女や次男も同じらしく、2階から学ラン姿で降りてくる長男を見ると一瞬シーンとなります。(笑)
今から思うと、兄弟3人私服姿(小学生)の頃が懐かしいですね。  

 

www.syufumaruko.com

www.syufumaruko.com

www.syufumaruko.com