しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

数学に強くなる折り紙遊び

f:id:syufumaruko:20170728051533j:plain

写真は小6の長男が折った折り紙「さめくじら」です。

我が家の長男、幼稚園の年中のころから折り紙を折り続けています。

もう7年も折り続けているんですね。ビックリ!

 

目次

 

毎日折り続けた幼稚園時代

  

折り紙をやり始めたきっかけは、ごく普通に「幼稚園のクラスで流行っていたから」

です。

年中の頃は本を見ながら主人が教えていましたが、年長の頃から親に聞くことは一切なくなりました。

そして折り紙を折る事が彼の日課となり、幼稚園バスが来る前の15分~30分くらいで必ず一つ、作品を作って幼稚園に持って行きました。

バスの先生が、「今日の○○君の作品だよ」と言って皆に見せてくれるのが嬉しかったみたいです。

子供のやる気を引き出させてくれて先生には今でも感謝しています。

小学校に入ってからも折り紙ブームは続き、夢は「折り紙博士」と言うようになりました。

 

多面体、切り紙など様々なジャンルを経て一枚で折れる折り紙にはまる

  

小学校に入ってからは、多面体の折り紙、切り紙、季節の折り紙など図書館から折り紙の本を借りて来ては折っていました。

起用なので切り紙などもかなり丁寧で上手に作れるのです。

最近は一枚の紙でできる折り紙にはまっています。

 このシリーズの本に出会ってからですね。

リアル折り紙 水の中を泳ぐ生きもの編

リアル折り紙 水の中を泳ぐ生きもの編

 

 

1枚の紙からつくる驚きのアート リアル折り紙

1枚の紙からつくる驚きのアート リアル折り紙

 

 

リアル折り紙 陸を歩くいきもの編

リアル折り紙 陸を歩くいきもの編

 

 

リアル折り紙 空を飛ぶ生きもの編

リアル折り紙 空を飛ぶ生きもの編

 

このリアル折り紙シリーズ、男の子は特に好きかもしれません。 

作品を作るのに一時間以上かかることもあり、その集中力は凄いです。

最近やっと、少し上質な折り紙を買うようになりました。

一枚物の折り紙って、40×40とか、普通のサイズじゃないんです。

いや、普通の15×15でしばらく折っていたのですが、さすがに折りづらそうなので大きい折り紙を買う事にしました。

 

折り紙を折る事で鍛えられる事は

 

折り紙を折っている時だけは素晴らしい集中力を発揮できる長男。

そんな折り紙で鍛えられる事ってあるのでしょうか。

ちょっと調べてみたら、ありましたよ・・・

 

それは

 

ズバリ数学力です。

毎日息子を見ていれば、「数学に強くなる」ことがよくわかります。

だって、折り紙の本って難しくて私は見るのも嫌です。

しかし何でも数学准教授が太鼓判を押しているそうで、「論理的思考力」「空間把握力」が身に付くそうです。

数学と聞けば計算問題を思い浮かべる事が多いと思いますが、計算問題はごく一部のこと。

計算問題が早くてもそれは計算力が高いだけ。本当の数学力は「論理的思考力」だそうです。

折り紙一つ一くつの折り行程は数学の論理工程と同じだと折り紙博士の川崎俊和先生はおっしゃっています。

また、常に完成図をイメージしながら折っていく過程は、現時点がどの工程にあるのか意識する力が養われるそうです。

論理的思考力って、普通に生活していてなかなか身に付くものじゃぁないですよね。

もともと超文系の私なんかは大の苦手な部分。

でもちなみに旦那はものすごい論理的思考人間です。

だから一つの決め事をするのにものすごい議論をしなけりゃならないの💦

順を追って一つ一つ話をしなきゃならないことが結婚当初は大変でした。

話はそれましたが、長男は今プログラミングも夢中でやっています。

プログラミングといえば論理的思考力ですよね。

小さな頃から折り紙で鍛えていたからこそ、プログラミングも楽しくやれるのかなと思ってみています。

 

ちなみに今日のテーマは「数学に強くなる折り紙遊び」ですが、数学の成績はやはり良いです。

計算よりも文章問題や図形の方が得意です。

小さな頃から折り紙で身に付けた論理的思考力、色々な所で役に立つといいなと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。