しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

折り紙でウルトラマンを作る!

こんにちは。しゅふまるこです。

長男が小さい時、好きだった遊びがあります。

それは折り紙です。

長男が幼稚園年中の時に折り紙遊びが流行りました。

その時から彼は折り紙に夢中になりました。

今は中学生なので、折らなくなりましたが折り紙の腕前はそこそこだと思います。

 

何せ、年中から年長にかけては毎日違う作品を折ってましたから。

幼稚園バスの先生が毎日長男の作品をバスの中で紹介してくれました。

それが励みとなり、毎日違う作品を折り続けました。

(今日は写真ばかりの記事になります。)

 

ウルトラマンの折り紙を作る

 

幼稚園の頃、折り紙の他に好きだったものがあります。

それは、ウルトラマンです。

彼はウルトラマンが好きでした。

そんなある日、彼は図書館でこんな本を見つけてきました。

f:id:syufumaruko:20181204144329j:plain

 

 

目を輝かせて、「ウルトラマンの折り紙の本がある!」

と言ったのを覚えています。 

そして彼はすぐにウルトラマンの折り紙に夢中になりました。

 

親にはほとんど何も聞かず、黙々と折っていたことを思い出します。

 

出来た作品はこちらです。セブンだけ残っていました。(セブンの頭がどこかへいってしまいました・・・)

f:id:syufumaruko:20181204142001j:plain

 

怪獣のキングジョーも作りました。

f:id:syufumaruko:20181204142234j:plain

 

年長の長男はこの本を見ながら毎日せっせと折り紙を折ってました。

f:id:syufumaruko:20181204143516j:plain

 

こんな素敵な本があるなんて・・・

見つけたときは本当に嬉しかった事を今でもよく覚えています。

 

ウルトラマンと折り紙が好きなお子さんに是非、お勧めです。

 

キャラクターと言えば、妖怪ウォッチシリーズもよく作ってたな・・・

f:id:syufumaruko:20171105070736j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

その後の作品 

 

小学生低学年のころは、ジャンルを問わず色々な折り紙に挑戦しました。

いくつかあげますと・・・

ショートケーキ

f:id:syufumaruko:20181204145711j:plain

 

かめ(おばあちゃんの家にあった本を見て作った)

f:id:syufumaruko:20181204145801j:plain

 

切り紙

f:id:syufumaruko:20181204145831j:plain

 

つる

f:id:syufumaruko:20181204151644j:plain

f:id:syufumaruko:20180101092508j:plain

 

様々な形の紙ヒコーキ

f:id:syufumaruko:20181204152207j:plain

 

などなど・・・

作った作品は数知れず。

小学校2年生の時の夢は「折り紙博士」でした。

 

そして高学年になり、リアル折り紙にハマりました。

1枚で折れるという事に感動したようです。

 

f:id:syufumaruko:20181204145907j:plain

 

f:id:syufumaruko:20181204150608j:plain

  

シロクマ、きりん、かば

f:id:syufumaruko:20180121084531j:plain

 

エラスモサウルス

f:id:syufumaruko:20170801150308j:plain

 

ダイオウイカ

f:id:syufumaruko:20170801150204j:plain

 

たこ

f:id:syufumaruko:20170801060239j:plain

 

参考にしたのはこちらの本です。

最近では長男は折り紙を全く折らなくなりました。

しかし、もうすぐクリスマスということで久しぶりにツリーを折ってくれました。

f:id:syufumaruko:20181204151000j:plain

 

かわい~!

何も見ないで折れるあたりは流石です。

 

今日は、久しぶりに折り紙の事を書いてみました。

写真ばかりですいません。

 

写真を綺麗に撮っておいて良かったです。

長男が幼稚園の時からブログ用にいつも写真を撮っていました。

 

折り紙は私が思っていたよりもずっと奥が深いものでした。

私も子育てを通して日本の素晴らしい文化を一緒に学ぶ事ができました。