しゅふまるこ

子供が3人おります。アラフォー主婦です。子育て・習い事・節約・働き方など書いています。

子供の「好きな事」を大切に!好きな事を一生懸命する事が成長につながるんです!

f:id:syufumaruko:20171114051717j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

昨日、長男が所属しているオーケストラの演奏会がありました。

楽器ごとの発表などもあってとっても楽しい演奏会でした。

楽団の皆さん、笑顔と勇気と感動をありがとう。

今年、長男は6年生。

1年生の頃はこんなに素敵なステージに長男が立つ事は想像できませんでした。

子供の成長に本当にびっくりしています。

 

 

 スポンサーリンク

 

小学校1年生の時、初めて演奏会を観に行きました。

  

長男が小学校1年生の時、初めて今入団している楽団の演奏会を見に行きました。

そこで演奏している子供達は本当に皆素敵でキラキラ輝いている子供達でした。

 

素敵なのは演奏だけでなく、何ていうか「一生懸命頑張っている子供達」の集団だなぁって感じました。

小学校4年生から高校2年生までの子供達の集団なのですが、小さな子も大きな子も演奏以外の立居振舞も素晴らしく、

「あんな素敵な高校生に我が子もならないかしら・・・」

って思いました。

 

しかし・・・ その時は長男は演奏を最後まで聞くこともできませんでした。

まぁ、1年生なので仕方ないかもしれません。

1曲1曲が長いし、子供にとってオーケストラの演奏なんて退屈ですよね・・・

 

まともに椅子に座っている事もできないし「これはオーケストラどころの話じゃないわ💦」と思ったのを覚えています。

あそこでもし長男が演奏しても、自分のパートじゃない時に黙って座ってることも出来ないかも~なんて思ってました。←マイナス思考の駄目母さんですね💦

 

でも、最初に観に行った時は本当にそうだったんです。

 

悩んだ末に5年生で入団試験を受ける事に

 

演奏会を観に行ったのはその時だけでした。

その後は特に私も彼に音楽を薦める事はなく、彼は折り紙やゲーム作りを楽しむ小学校生活を送っていました。

もともと器用なので、物作りが上手なのです。

 

「あぁ、この子に向いているのはやっぱり工作なんだな。物作りが大好きなんだな」

その道を極めていければいいな・・・

と思っていました。

 

でも子供の興味は色々と変わるもので、3年生くらいから突然

「小学校の吹奏楽部に入ろうかな」と言うようになりました。

4年生の時もそのような事をチラホラ言ってましたが、なかなか決心がつかないようでした。

今、思えばやっぱりジャンルが違ったのかもしれません。

 

そして、4年生の終わりに

「学校の吹奏楽には入らない。昔観に行った演奏会あったじゃん!あっちの楽団に入ることにする!」と言い出したのです。

 

この時は本当にびっくりしました。

でも、「軽い気持ちであの素敵な楽団に入団したい」と言われても嫌だなと思い何度か子供の意見をスルーしました。

すると、子供の方から「入団試験の申込してくれた?」って何度も言ってきたのです。

 

さすがに「申込みをしなかった」などと言ったら激怒しそうだったので、5年生の4月に申し込みをして入団試験を受けたのです。

 

そして何とか合格!

 

5年生から入団する事になりました。

パートはトロンボーン

トロンボーンを選んだ理由は直感だそうです。(親は何故かわからないけどトロンボーンを選ぶと思ってました。)

 

入団してからはどんどんオーケストラに夢中になりました

 

 入団してからは毎日地道に練習を重ね、試験を突破して1年後には初級のオーケストラで演奏できるまでになりました。

オーケストラの壮大な音楽にもどんどん夢中になって、今では我が家の車のなかは常にオーケストラが流れています。

私も実はもともとクラシックが聞ける人ではなかったのですが、長男の影響で聴けるようになりました。

今は自分から進んで聞いています。

 

ちなみに長男のクラシック好きは意外にもゲーム音楽からきている気がします。

長男ゲームのなかで使われるクラシック音楽が好きでした。

 

そして昨日の演奏会のステージ。

初めてのステージではないのですが、昨日は長男1人のソロ部分の音を始めて聞くことができました。

それを聴いて

 

母、泣いてしまいました。

 

長男が1年生の時の事を思い出しました。

この演奏会を最後まで観ることができなかったのに・・・

 

その彼が今、ステージでオーケストラの一員として立派に演奏してる。

これは凄い事だなと・・・

 

 スポンサーリンク

 

小学校1年生の時、初めて演奏会を観に行きました。

好きな事を一生懸命する事が子供の成長につながる。

 

長男は小さな頃から常に好きな事があります。

それに向かっていつも一生懸命です。

それは結構凄い事なのかもしれません。

だって、私は小学校時代にそこまで頑張れることがなかったですから。

夢中になるものが見つからなかったです。

 

長男は夢中になるものが見つかると、とことん突き詰められる性格のようです。

 折り紙も音楽も、今のところ夢中で頑張っています。

 

それが彼を成長させているのです。

 

勉強も大切だけど好きな事を一生懸命やらせて、ある程度自分に自信が付いたときに勉強も本気で頑張れるようになるのではないでしょうか。

もちろんその時のために、基礎学力を付けておく事は大切だと思います。

 

でも、今はお勉強はそのくらいで良いのではないかと思うのです。

子供時代の今こそ、好きな事に打ち込んでほしいです。

 

それにしても昨日の演奏会は子供の成長を感じることが出来て本当に嬉しかったです。

 大袈裟ですが、自分の子供がステージに立っている事が信じられないくらいでした。

親が知らない間に子供はどんどん色々な事を経験して成長しているのですね~!!

これからも子供の好きなことを全力で応援したいと思います。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

また遊びに来てくださいね!