しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

ご近所さんのアドバイス「お母さんを少しお休みしたら?」

f:id:syufumaruko:20180920132710j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

昨日、中1長男と久しぶりに喧嘩しました。

もうがっくりきましたよ、本当に・・・

あまりにもムカついて、7時頃にお風呂に入り、そのままふて寝しました。

またまた長男との喧嘩ネタですがよろしければお付き合い下さい・・・

 

目次

 

 

昨日の喧嘩の内容

  

昨日の喧嘩の内容は、「学校の準備の事」についてです。

長男は、学校の準備をその日の朝にします。

それも、出掛ける10分前とか・・・

 

長男はどんなに時間があっても10分前にしかやりませんっ。

 

次の日が普通の授業の日だったらそれでも良いのです。(良くないが、何度言っても出来ないので仕方ない・・・)

しかし、次の日が運動会だったり、演奏会だったりしても出掛ける10分前にしか準備しないのです。

10分前にアレがない、コレがないと言われても時間がなくて探せません。

 

それから中学生になってから親に手紙をちゃんと見せません。

運動会や演奏会のプログラムも渡してくれず、本当に困ってしまいます。

 

どんなにどんなに「手紙を見せて」と言っても長男は見せてくれません。

理由は「面倒だから」です。

疲れているのはわかるけど、最低限の事はやってほしいわ💢

 

勉強の方も、演奏会が終わってから全然スイッチが入らず、小学生の長女や次男よりも勉強しません。

忙しかったのでこちらも我慢していましたが、昨日はとうとう言ってしまいました。

 

で、言うと切れる。

3日もこちらは我慢して何も言わなかったんですよ。

我慢して我慢してどうしようもないから言ったのに

 

切れる・・・(^_^;)

 

最悪ですよもう~!!!

 

 

 スポンサーリンク

 

ご近所さんのアドバイス

 

ご近所さんで、いつもアドバイスをくれる方がいます。

我が家と同じ、中1のお子さんがいるママ友です。

上に高校生のお兄さんがいます。

 

そのママ友に、朝ばったりと会いました。

「もう長男に何も言いたくない」

と私が言うと、

 

「世界中で○○君(長男)に色々と言ってあげられるのは○○さん(私)だけだよ。

学校の先生も、塾の先生も自分の子供じゃないから誰も本気で言ってはくれないんだよ。だから言い続けた方がいいよ。」

 

と言われました。

 

しかし、いつもそのご近所さんのアドバイスを聞いて頑張ってきましたが、どんなに言った所で長男が聞く耳をもたなければ仕方がない・・・気がしてきました。

 

というような事を私が涙ながらに言いましたら、

 

「そうかそうか、私もそういう時があったよ。そういう時はママをお休みしちゃえばいいよ。

ずっと言い続けるのはとても大変。

ママだって疲れるよ。

疲れている時は言わなくて良いよ。

また、言いたくなったら言えば良いんだよ。」

 

と言ってくれました。

 

この言葉に私はとても救われました。

そうか、

「もう何も言わない」

と決めないで、

「とりあえず休めば良いんだ。」

と思う事ができました。

 

ご近所さんのアドバイスに感謝です!!

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 スポンサーリンク

 

これからは、手を出さない

 

でも、このままで良いわけがないので長男には少し恥をかいてもらいたいです。

もう、私が長男の事に手を出すのはやめることにします。

それはどんな事かというと

  • 水筒を自分で出さない限りは洗わない。
  • 洗濯物も自分で出さない限りは洗わない。
  • お弁当も自分で出さない限りは洗わない。
  • 送り迎えも事前に言ってくるまではこちらからは送り迎えしない。
  • 朝、ギリギリまで起こさない。

という事です。

これは、小学生なら親がしてあげても仕方ないですが、中学生になったら自分でやらなければいけないことだと思います。

それを今まで私がしてあげていたので、下準備をしなくなったような気もします。。。

事前に下準備をしないとどういう事になるのか、ここら辺で分かって頂きたいです。

 

 

 スポンサーリンク

 

長女と次男に感謝

  

昨日私がふて寝した時、長女が「何をすればいい?」と聞いてきました。

ご飯は出来ていたので、「盛り付けをして食べて」と言いました。

次男もちょこちょこ私の様子を見に来てくれました。

そして、肩を揉んでくれました。

 

本当にね・・・

泣けてきましたよ・・・

 

2人の優しさがとても嬉しく感じました。