しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

父が行方不明になって焦りました。14時間後、無事に見つかりました。

f:id:syufumaruko:20171029131425j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

3連休、皆様いかがお過ごしでしょうか?

我が家はこの3連休、長男だけが部活と習い事で激務ですが、他の4人は特に予定も無くのんびりと過ごしています。

 

天気がぱっとしないので、無理してどこかに出掛けようという気にもなりません。

でもこういったどよ~んとした曇り空の日は、嫌いじゃありません。

 

県民性だと思いますが、もとも日照時間が少ない県なのでこのような日は慣れっこなのです。

まるで天から「今日はお家でのんびりしていていいよ♡」と言われている気分になるのです。

晴れていると、家でのんびり過ごすのはもったいない気分になりますからね💦

 

でも、3連休なので明日は次男を連れてお出掛けしたいと思います。

小3男子、家にゲームもないのにお出掛けもなしじゃ可愛そうですからね(;´Д`)

 

さて、話は変わります。

実は、連休前に大変な事がありました。

 

私の父が行方不明になってしまったのです。

警察に捜索願いを出し、とても心配しましたが無事に見つかりました。

 

父は75歳。

持病(高次脳機能障害)もありますし、今まで何も無かったのが不思議なくらいです。

親切な方が警察に連絡してくださったお陰で無事に見つかりました。

 

その方には何とお礼を言って良いかわかりません。

この場を借りてお礼を言わせてください。

本当にありがとうございました。(絶対読んでないと思うけど・・・)

 

家を出てから14時間後に無事に見つかりましたが、その1日の出来事を書いてみたいと思います。

 

行方不明になった一日

 

その日の午前10時頃、母から電話がありました。

電話を取ると、母が何やら不安げな声でこう言うではありませんか。

「ねぇ、お父さんが帰ってこないんだけど・・・」

と・・・・

 

それを聞いて、私はびっくりしました。

が・・・なぜか落ち着いてもいました。

行方不明は今回が初めてでしたが、このような電話は取り慣れています。

 

てんかんを起こして救急車で運ばれた。」

とか

「階段から転げ落ちて救急車で運ばれた。」

とかね・・・(父はその事故で高次脳機能障害になりました。)

  

私「いつから?」

と聞くと、

母「朝の4時から」

と言うではありませんか!

 

この時点で家を出てから6時間も経っています。

「これは何かあったな」と思いました。

 

最悪、川に落ちて死んでいるのかも・・・

と思いました。

 

その後、母が警察に届けを出しました。

 

そして、待つこと半日。

18時頃に警察から電話がかかってきました。

家から歩いて30分ほどの町で民家の低いブロック塀に座っていた所を近所の方が見つけて警察に連絡してくださったのでした。

 

とりあえず、無事に見つかって良かった・・・

 

 

 スポンサーリンク

 

父に真相を聞いてみた

 

その日は14時間も歩いたせいで(ずっと歩いていたわけじゃないですが)父は家に帰ってからすぐに死んだように眠ったそうです。

そりゃそうでしょう。

普段運動をまったくしない父ですから相当疲れたのだと思います。

 

その後、少し体調が良くなってから私が父に事情を聞いてみました。

すると、何てことはない。

「道に迷っただけ」

という事なのだそうです。

 

最近実家の近所で大規模な工事が行われており、線路がなくなったり踏切がなくなったりして道が様変わりしてしまいました。

何年も暮らしていた所なのにすっかり変わってしまって私も道を間違えたくらいなのです。

 

父は最近はあまり外に出ないので全然道がわからなくて家に帰れなかったそうです。

しかも、早朝4時はまだ寝ぼけたままので状態外に出たそうなのです。キケンすぎます!

 

財布も携帯電話も何も持っていない状態で、危なすぎますよ。本当に。

でも病気だから仕方ないんです。

親切な方が父を見つけて警察に連絡をしてくださって本当に良かったです。

 

父は一応、警察に名前も住所も言えたそうです。

捜索願が出ていたのですぐに身元の確認がとれました。

 

その後、母が警察に父を迎えに行き、無事に父は家に帰れたのでした。

 

おわりに

 

父が無事に家に帰ってきてくれて本当に良かったです。

しかし、これからも同じような事があるかもしれません。

洋服に名前を縫い付けるなど、何かしら対処した方が良いかもしれません。

 

そしてもう一つ、心配なのはそうなってしまった時、「母ではとても対応できない」という事です。

父が行方不明になったその日、母は心配で何も手につかなかったそうです。

母も70過ぎていますし、これから何かあった時は私や姉が対応した方がいいのかもしれません。

 

今回の事件は、色々と考えさせられた事件でした。

 

その事件があってから実家の近くに行ったときは必ず実家に寄るようにしています。

生きているとほんと、色々ありますね。

 

後で後悔しないように、今自分にできる事をしたいなと思いました。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

また、遊びに来てくださいね!

 

関連記事

www.syufumaruko.com