しゅふまるこ

3人の子供を持つアラフォー主婦です。子育ての事、節約の事、副収入の事、ブログの事、普通の主婦目線で日々感じている事を書いています。

「半分、青い」NHK朝ドラと思えない切なさなんですけどぉ(T_T)

f:id:syufumaruko:20180630102522j:plain

こんにちは。しゅふまるこです。

今日は土曜日ですね。

だから・・・

ブログお休みしようと思っていたのです。

しかし・・・

今朝の「半分、青い」を見て号泣し、どうしてもブログで「半分、青い」について書きたくなってしまいました。

 

今週の「半分、青い」は月曜日からドラマを見て号泣する日々が続き、ある意味スッキリした朝を迎えられませんでした。

 

今日のお話の最後はとうとう鈴愛ちゃんが28才にして「仕事もない」「恋人もいない」「お金もない」というとても辛い終わり方になってしまいました。

 

私は鈴愛ちゃんと世代がほぼ同じなので、ドラマを見ていてあの頃の自分と重ね合わせてしまいました。

 

鈴愛ちゃんと状況は全然違うけれど、28才の頃は、派遣社員のお友達は「仕事もない、お金もない、恋人もいない」という事で悩んでいた友人が多かったです。

 

「仕事もない」というのは、この先ずっと続けていける保証がない仕事という事です。

 

なんか、大恋愛も大失恋も大きな夢もなかったけれど、あの28才にして「私には何もない!」という絶望感はわかる~!!!

とか思ってしまいました。

 

  

 スポンサーリンク

 

 

 

あと、律の家まで行ってしまったあの気持ちも凄くわかります。

多分私も同じ立場だったら同じ事をした気がします。

奥さんの顔や家を見ないと現実を受け止められないですわ(T_T)

 

この先、ストーリーはどう展開していくんでしょうかね?

 

私的には、鈴愛ちゃんが最初に書いた漫画のストーリーが「50才で初恋の人に出会って恋に落ちる」というストーリーでしたよね。

「律君とそうならないかなぁ」とか勝手に思っています。

 

ドラマを見ていると、この先鈴愛がアラフォークライシスのような事にならない事を願ってしまいます。

アラフォークライシスの世代よりは少し上?のような感じもしますが、24才で「好きな人に告白されても結婚しない」あたりは私たち世代っぽい気がしました。

 

あの頃ってそんな感じだった気がします。

そうやってキャリアウーマンになって結婚しなかった友達もいます。

 

今の時代だったら絶対に結婚して「一緒に頑張っていこう」ってなるんじゃないかな?

 

今日は思ったことをつらつらと書いてしまいました。

なんか、世代が一緒なだけに見ていて本当に切ないドラマです。

主人公が「幼なじみから恋人」という気持ちの変化に気付かないというのも凄くわかるし、あの「すれ違い感」も結構よくある恋愛のパターンのような感じがしてリアリティがある思いました。

 

来週はもう少し明るくなるストーリーになるといいです。

それにしても「半分、青い」はNHKの朝ドラとは思えない切なさです。

月曜夜9時のドラマみたいですね。

さすがは、「恋愛ドラマの神様」の異名も持つ北川悦吏子さんです。